*江ノ島展望灯台~灯台? 展望台?

画像
早朝の駅で降りると、カラフルな若者がいっぱい。ちょっと場違いな感じがしながらも、江ノ島まで歩きました。
灯台に続く島の坂道には、おみやげ屋さんや旅館、民家が連なっていて、風情があります。行ったことはないけど、昔の海水浴場みたい。ここに泊まるのも楽しそう。

灯台は、公園の中にあります。開園前に着いてしまって、園の人に、「もう少し待っててね」って3回くらい言われてしまいました…。
開園と同時に入園して、本日の灯台一番乗り!
ガラス張りの展望台は、木の床がシンプルできれい。もちろん江ノ島を一望できる景色もすばらしかったです。さらに上の階には、屋外の展望台もあって、海風が気持ちよかった。

景色を堪能した後、エレベーターもありますが、歩いて螺旋階段を下りました。
螺旋階段も外気に面していて、気持ちいい。足元をのぞくと、下に吸い込まれそう。その幾何学的な造詣がとても美しいと思いました。(ところで「灯台」と「螺旋階段」って、同じような語感がある気がします。異界との境に位置しているような)
下には、資料館もあって、前身である「江ノ島灯台」の模型などもあります。展示してあった、重量感のある灯台のレンズに触れると、ひんやり冷たい。これが何十年も海に光を投げかけてきたことを思うと、なんだか泣けます。(触って良かったのかどうか、わからないけど)

午後は、かねてから一度訪れたかった、日本唯一の灯台グッズ専門店へ。
私が入ったときには、灯台好きらしきおばさま二人連れが、あれこれにぎやかに物色中。結局各自1万円くらいの買い物をしていました…。いいなあ。
私は、迷った末、とても可愛らしい、海外の灯台写真の豆本を二冊買って帰路につきました。
次回は、ライトアップされた夜に訪れます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック