*納沙布岬灯台~日本最東端の霧笛

2003年7月に訪れた灯台。
日本でいちばん東に位置し(北方領土を除く)、北海道でもっとも歴史があるそうです。

訪れたのはなぜか夜中の1時。
夜中なのに、けっこう人がいるのにびっくり。みなさん、日本で一番初めの日の出を拝みたいのかな?(お正月ではないのに…)

暗いのと、霧が濃いのとで、灯台の全貌はよくわかりませんでした。
面白かったのは、霧笛。耳をしっかりふさいで灯台に近寄ると、ぶお~っ~(←霧笛の音)。
お腹にびんびんと振動が伝わってくるのです! ただしこれは、地元の人に聞いた遊び。
危険なので、観光客は真似しないように。耳を悪くします。それくらいすごい音がしました。
今度は明るい時に訪れたいものです。

※ちなみに、霧笛は「霧信号所」といい、灯台の横に立っているそうです。
http://www.mmjp.or.jp/tokokai/je_aids/j_aids2.htm

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • scene 7 根室

    Excerpt: 9月6日 曇 朝目覚めると、強烈な濃霧に囲まれていた。霧多布の霧、それは名の通りで、昨日までの絶景がすべて霧の中に隠れてしまった。昨日までの美しい自然美と今日の霧。霧多布の両方の魅力を堪能することが.. Weblog: helloalive racked: 2005-08-14 00:59
  • 「*納沙布岬灯台~日本最東端の霧笛」について

    Excerpt: 「*納沙布岬灯台~日本最東端の霧笛」について 根室・納沙布岬に来ると、北方領土問題について考えずにはいられませんね。 根室では、ロシア人らしき人を多く見かけました。こんなに近いのだから、普通に仲良く.. Weblog: ***インコのあくび*** racked: 2005-08-14 08:16